【凱旋門賞現地レポート】世界の壁は厚かった。。

公開日: : 最終更新日:2014/12/26 競馬

10月5日は日本馬3頭(ゴールドシップ、ジャスタウェイ、ハープスター)が出走する凱旋門賞を観に、ロンシャン競馬場に行って参りました。僕にとって3度目の凱旋門賞現地参戦。

なんと入場料が20ユーロ(約2,800円)まで値上げしてやがりました!前来た時はもっと安かったのに!

凱旋門賞 2014凱旋門賞の広告はかなりカッコ良かったです。去年のがモデルになってるので、オルフェーヴルとキズナが写ってます。

凱旋門賞 2014ロンシャン競馬場の入口。数年前から凱旋門賞の冠スポンサーにカタール国がついているので、競馬場どこもかしこもこのあずき色のカタール色で装飾されてました。
凱旋門賞 2014中東の民族衣装を着飾った美女たち。カタールから来たの?と英語で聞くとフランス人でしたw

凱旋門賞 2014日本語で馬券が買える窓口は長蛇の列でした。僕は来るの3回目なので通常窓口で買いましたが。

凱旋門賞 2014こちらの馬券はレシートみたいな感じで、JRAの馬券と比べると味気ないです。日本馬3頭の単勝に100ユーロずつと、その他馬連を数十ユーロ、計5万円くらいぶっこみました。

凱旋門賞 2014これは凱旋門賞の前の前のレースをスタンドから撮影。

ということで、凱旋門賞本場馬入場。

凱旋門賞 2014ジャスタウェイと福永。

凱旋門賞 2014ゴールドシップと横山騎手。他の馬は歓声を嫌って馬場の真ん中を返し馬してましたが、横典は外ラチ沿いを走ってくれました。この余裕はもしや勝ちフラグ?とこの時点では思ってたんですが。。

凱旋門賞 2014ハープスターと川田騎手。

凱旋門賞 2014スタート直前に自撮り棒でスタンドの混み具合を上空3mから撮影。府中競馬場のダービーよりかは客は少ないです。

レース自体は、日本馬3頭はほぼ見せ場なく完敗。昨年の覇者、トレヴの連覇となりました。

凱旋門賞 2014圧勝でした。日本馬は掲示板にすらのれず。

個人的には日本馬3頭とも特徴のある馬だったので、何かしらの見せ場を作ってくれるかと楽観的に見てたんですが、現実は厳しいものでした。

2年前のオルフェーヴルの負け方が衝撃的すぎたので、今回はちょっとあっさり負け過ぎで、あっけない2分26秒間でした。残念です。

またいつか、機会があれば訪れたいと思います。


スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑