Jリーグのサポーターは媒体に出る際に正装ユニフォームを着るべきである

サッカー界の炎上芸人を自称している僕ですが、3カ月前に初めてサッカーとは関係のない旅行ノウハウ本「ロジ旅」を上梓しました。

紹介ブログはこちら。その甲斐あってか、この度、世界一蹴の旅の時から愛用しているホテル予約サイトBooking.comから声がかかって、こんな動画を撮影しました。

僕もよく動画の編集作業とかやるんですが、この動画はかなりインパクトあるなと。プロの仕業ですねw

ちなみに3週間前にこんな写真をInstagramに上げていたのですが、この撮影だったんです。

仕事帰りになんか本格的な撮影に来たw

Atsushi Murakamiさん(@4japan)が投稿した写真 –

この時の撮影秘話を。

先方からは、「アシシさんはサッカーのイメージが強いから、ユニフォーム着て撮影したいですよね。日本代表ユニフォームは持ってますか?」と事前に打診されたんです。

そこで僕は代表ユニじゃなくて、コンサドーレのユニフォームを着させてほしい、てか赤黒ユニじゃないと嫌だと子供のように駄々をこねましたwww

結局は僕の要望が通ったんですが、6年前の世界一蹴時代はJリーグのコアサポに「にわか代表厨」と揶揄されていた僕が、いつのまにかナショナルチームよりもJ2のしがない地方クラブを優先するようになったのは、我ながら凄い変化だなと実感してます。

20160328_01

うちの社長も常日頃言っているんですが、サポーターが主体的となってクラブの魅力を伝えてほしいと。

そういう意味で、Jリーグのクラブを愛するサポーターは、何かしらのメディアに出る時は「これ、正装なんで」と言って無理にでもユニフォームを着て出た方が良いと僕は思うんです。

ローカル局の夕方ニュースの天気予報とかで、駅前から生中継やってるじゃないですか。ああいうのに、後ろでさりげなく映り込むとかでもいいんですよw

そういう活動が草の根運動となって、Jリーグの裾野を広げていくと思うし、何より胸スポンサーとユニフォームサプライヤーへの恩返しとなるわけで。更に言うと、無理やりにでもJリーグ流行ってる感を出すのは重要かと!

ということで、僕はこれからも何かしらの媒体に出る時は「これ、正装なんで」を合言葉に赤黒ユニを肌身離さず持参しようと思います。

—-

村上アシシのプロフィールはこちら



Instagram

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑