浦和0-0札幌 レッズの猛攻を凌ぎ切ってコンサドーレは価値ある勝ち点1を獲得

今日は明治安田生命J1リーグ第9節、浦和レッドダイヤモンズ対北海道コンサドーレ札幌を見に埼スタへ。

GoProも4年前のシロモノで、WiFi接続がやたらと重くなってきたので、もうそろそろ買い替えようかなと思っております。

試合は前半浦和ペースで進むも、ク ソンユンのファインセーブなどもあって0-0で前半折り返し。後半立ち上がりも防戦一方でしたが、終盤は浦和の足が止まり、札幌が攻め立てる展開もスコアレスドローで終わりました。

スタッツはこちら。

支配率は五分五分ですが、シュート数は倍近く差をつけられました。

とっくんはシュート1本に抑えられました。対する相手のエース、興梠もシュート0本。

札幌の特徴的なデータはこちら。

普段の札幌は右からの攻撃が多いんですが、今日は右ウイングバックの駒井善成が不在で右からの攻撃が思うように組み立てられず、必然的に左からの攻撃が多くなる展開。駒井は浦和から札幌にレンタル移籍中で、浦和戦には出れない契約。

駒井がいないことで、札幌の攻撃が「駒井依存症」になっていたのが浮き彫りになった試合でした。

とはいえ、究極アウェイの埼スタで勝ち点1を取れたのは十分及第点と言えるのではないでしょうか。札幌は勝ち点1を積み上げて、前節に続いてJ1で4位をキープしています。

次節はミッドウィーク(4月25日水曜)に札幌対横浜FM@厚別見に、1泊2日で札幌帰ります!


2017年12月にビジネス本を上梓しました。

村上アシシのプロフィールはこちら


Instagram

(Visited 113 times, 13 visits today)
タイトルとURLをコピーしました