キャロットクラブ1次抽選結果発表 今年は3頭の一口馬主になれました!

今年で3回目となるキャロットクラブのドラフト会議が終了。

世の中に何万人といるキャロットクラブ会員が1年で最も盛り上がるこの時期。まさに祭りw

去年は募集馬86頭のうち、1次募集で満口になったのは70頭(81%)。それに対して今年は募集馬90頭のうち、1次募集で満口になったのは、なんと88頭!この人気の高騰ぶりは何なんでしょうか?

個人的な推測は、一口馬主をやるような、可処分所得がそれなりにある人々は、このコロナ禍においてもそこまで所得が落ちることなく、逆に旅行にも行けないし他のエンタメ系でも自粛が続いているし、だったらその余ったお金を一口馬主に突っ込むかって人が多くなっているのではないかと(あくまで仮説です)。

スポンサーリンク

一般抽選の結果は10打数2安打でした

ということで、今年の抽選結果は以下の通りになりました。

15頭申し込んで、バツイチ最優先で申し込んだファイナルディシジョンは抽選前に当確。残りの一般申込14頭は、4頭が抽選前に落選確定、10頭が抽選の土俵に乗って、2頭が当選。最優先含めて、合計3頭の出資が確定しました!(合計金額は36万円)

ちなみに全部牝馬です。将来のアワブラッド制度の恩恵を受けることができたらいいなと。

先週のブログ(↓)で書いた通り、推定当選率を元に、合計3頭当たればいいなと思って多めに申し込んだのですが、期待した通りの結果になってほっとしています。

合計15頭とか申し込んで、10頭とか当たったらどうしようとか思ってましたが、杞憂でしたね。申込状況の中間報告のデータを元に、しっかり時間かけて分析して、戦略練った甲斐がありました。

ファイナルディシジョンの2019

リスグラシューと同じハーツクライ産駒!一口馬主クラブから預かった馬を毎年コンスタントに重賞馬にしてくれる安定の手塚厩舎!

僕は馬体の歩様映像とか見ても良し悪しが全然わからないんですが、アルアインの一口馬主で一発当てた知り合いに相談したところ、「歩様の映像はかなり良い部類」と太鼓判押してもらったので、バツイチ最優先を使って当確。意外とお買い得価格だったので、2口いきました。

リーチングの2019

思い入れのあるアロゲート産駒!僕、アロゲートが優勝した2017年ドバイワールドカップ、UAE現地で見てるんですよ。

走るかどうか未知数ですが、希少な血統(アロゲートは今年6月に死亡)なので、将来繁殖に上がることは間違いないかなと。アワブラッド狙いです。

ピースアンドウォーの2019

ディープインパクト産駒の事実上ラストクロップ。ディープ産駒5頭の中で一番良さげだったんで、申し込みました(キャロットはディープ牝馬がとにかく走ると評判)。厩舎もリーディングトップ10に入ってくる藤原厩舎なので、申し分なし。推定当選率は一桁台だと思ってたんですが、凄い倍率低いとこ当てられて、嬉しいです。

これでキャロットの現役出資馬は合計6頭になりました。

サファル(2歳牡馬)
アレトゥーザ(2歳牝馬)
エルカスティージョ(2歳牝馬)
ファイナルディシジョンの2019(1歳牝馬)
リーチングの2019(1歳牝馬)
ピースアンドウォーの2019(1歳牝馬)

来年以降が非常に楽しみです。ご一緒の方、よろしくお願いします!

※キャロットクラブより許可をもらった上で情報発信しています。

関連ブログ




(Visited 773 times, 69 visits today)
タイトルとURLをコピーしました