札幌ドームで代表戦とJリーグを2日連続で見て感じたこと。

9月5日にアギーレ監督招聘後の初の日本代表戦(対ウルグアイ戦)を札幌ドームのバックスタンドで見て、翌日9月6日にJ2の札幌対長崎をメインスタンドで観戦しました。とりあえず写真モリモリ貼ります。

アギーレジャパン

代表戦のゴール裏はこんな感じ。
アギーレジャパン

選手入場。
アギーレジャパン

選手入場時は日の丸とジャイアントジャージがゴール裏に掲げられました。
アギーレジャパン

円陣。
アギーレジャパン代表戦はバックスタンドから見てました。
アギーレジャパン長友のクロス。
アギーレジャパン

酒井宏樹のパスを受ける本田圭佑。
アギーレジャパン

本田圭佑のFK。
アギーレジャパン相手FKをパンチングで防ぐGK川島。

試合はミスが絡んで0-2の負け。様々なサッカーライターの戦評コラムを読みましたが、楽観論と悲観論が入り混じっていて、非常に興味深いなと。僕個人の意見としては楽観しています。相手はブラジルW杯の死の組でイタリア、イングランドを蹴落として決勝トーナメントに勝ち上がった強豪。それに対して日本は新しいシステム(4-3-3)を導入して、実質3日しか練習しないでこの試合を迎えたので、そりゃーちぐはぐな試合展開になるのは目に見えていたかなと。この1試合だけで何か結論付けた評価を下すのは難しいです。

0-2の完敗なのに、試合後に選手たちがピッチを一周していた時の「構図」が面白かったのでパシャリ。
アギーレジャパンバックスタンドの人たちが最前列に押しかけて、皆がパシャパシャやっている構図w

代表戦がこういう雰囲気になるのは、しょうがないかなと。この「ミーハー層」をどうやってJリーグに下ろしていくかをもっとJリーグ関係者(クラブ含む)が試行錯誤していく必要があると思っています。そこら辺の思いは3年前の親善試合レポAKB本の書評ブログを読んで頂ければと。

ということで、翌日のJ2コンサドーレ札幌対V・ファーレン長崎の現地観戦レポもセットで。

札幌対長崎

前日の代表戦は39,294人、この日の札幌戦は9,123人。約4分の1の入りでしたが、ゴール裏の「熱量」は前日のそれを上回っていました。やはりJリーグはアツいなと。
札幌対長崎試合は前半3分に都倉賢が自ら得たPKを決めて札幌先制。
札幌対長崎先制した後、とっくんは真っ先にベンチに向かい、名塚コーチとハイタッチ。
札幌対長崎ゴール裏を煽るとっくん。
札幌対長崎仁川アジア大会に出場するU-21日本代表に招集されたため、この試合後にチームを離れる荒野。
札幌対長崎セットプレー前。
札幌対長崎試合は2-1で札幌勝利。

札幌対長崎
試合後にメインスタンドに来ていた知人にユニフォームを投げる前俊。

繰り返しになりますが、2日連続で札幌ドームで観戦した感想ツイートを。

前日の代表戦から単純計算で3万人がどっか行ってしまった形になります。選手のネームバリューでは当然負けますが、試合内容的には札幌対長崎の方が俄然面白かったです。この「魅力」をどうやって、その去ってしまった「3万人」に伝えるか。これがJリーグが近年抱える「至上命題」かと。もうそろそろ何かしらの具体策が出てきてもいいんではないかと。

僕はサポーターとしてやれることを、地道にこつこつと続けていく所存です。

スポンサーリンク
  • 北海道コンサドーレ札幌
    村上アシシは北海道コンサドーレ札幌の
    夢プランパートナーです

    世界一蹴の旅
    2010年に南アW杯出場32カ国を巡ったブログ

    サッカーコラム速報でろブロ
    よくツイッターで絡んでるでろりんの速報サイト

    ドメサカブログ
    サッカー関連のまとめサイトではトップ

村上アシシ
村上アシシ

1977年札幌生まれ。職業は経営コンサルタント・著述家。「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルを2006年から継続中。南アW杯出場32カ国を歴訪した世界一蹴の旅を2010年に完遂。サッカー日本代表を追いかけて世界中を旅してます。Jリーグではコンサドーレ札幌のサポーター兼個人スポンサー。詳細のプロフィールはこちら

Twitter Facebook rss youtube

PAGE TOP ↑